Tetsu Ikuzawa’s Cars Life Style Part 4

Porsche 996 GT3 Project. Part 1.

111,200 km を走っているポルシェ 996 型を、つまり20年前のポルシェをヤフオクで見もしないで買いました! これをレース用の GT3 RS にします。 正確には、見てくれを、レース用の 996 GT3 RS にします

これが、その20年前の GT3 RS と言うレース用のポルシェです。ホンモノは大変に高価。当然ですけどオートマ仕様はありません。
 
レース用なので、室内はこんなことになっています!
 
純正のホンモノの GT3 RS のフロント・バンパーも、ヤフオクで見つけて用意してあります! つまり右ハンドルのオートマ仕様の普通のポルシェ 911 を、外観を忠実にレース仕様の 996 GT3 RS にしてしまいます。こんなことを考える人、こんなことをやる人、世界広しとは言えアタシ以外に他に居ないと断言出来ます!
 
 GT3 RS 用の、サイド・ボディーとフロント・ノーズ・スポイラーのボディー・パーツも準備済み。
 
996 GT3 RS の純正シートは、布製仕様とレザー仕様の 2 タイプを見つけて、どちらでも対応出来るようにしています。
 
レース用の GT3 RS のホィールは、なんと数台分も用意! 996 GT3 のパーツを、996 GT3 を持ってもいないのに10年がかりで、せっせと色々と集めました。世界は広しとは言え、こんなことをやっている人はアタシ以外に他に居ません!
 
Front: 8.5 x 18, 235/40R18、Rear: 11×18,  295/30R18。タイヤは過激な走り屋さん用のダンロップ DIREZZA をチョイス!
 
20年以上も前のクルマ、そして11万キロ以上も走っているので、そこら中を整備しなければなりません。そこでポルシェ仲間の 996 のエキスパート、愛知県の icode さんに整備を頼むことにしました。まずはパワー測定。
 

さっそくシャシーダイナモでパワーチェック。その結果は 295.1ps。新車時のカタログ上のパワーは 320馬力。111,200 km を走ったクルマとしては素晴らしい数値。このクルマ、見もしないで買ったけど、見っけものだったかも。

早速エンジンを降ろして、全バラのオーバーホールになります。

Team Ikuzawa の MTB ダウンヒル・ティームのチャンピオン・ライダーの安達クンが、たまたま icode さんの近所に住んでいるので、休日にはボランティアで、手伝いに来てくれました。
 
色々と外していくと、こんな悲惨な状態。
 
さすがに20年前のクルマ、しかも11万 km も走っていると、ゴム類は全て崩壊しています!
 
ショック・アブソーバーも、逝っています。
 
新品に交換ではなく、オーバーホールしました。
 
まるで新品!
 
フェンダー内のパーツも、こんなに綺麗にしてくれました。
 
ステアリング・ホイールは、ホライゾンさんが巻き直してくれました。
住所:〒466-0858 愛知県名古屋市昭和区折戸町5-38
電話:052-762-0253
Fax:052-762-0141
メール:information@euris-japan.com
ホームページ:http://www.euris-japan.com/
 
ステッチの糸は赤にして、グリップは、このように。素晴らしい出来です。
 
icode さんの整備が終わり、御殿場ワークショップに戻ってきました。そこで、Team Ikuzawa 恒例の、更なるクリーニング作業です!
 
ブレーキ・ディスク・プレートも綺麗にしました。
 
11万km も走っているクルマの足まわりとは思えない綺麗さになりました。
 
次は、全塗装とボディーの改造になります。アタシがグランド・チャンピオン・レースに出ている頃から現在まで、ウチのクルマの全てのペイント、ボディー改造をしてもらっている、そして富士スピードウエイ近辺のレース屋さんの多くがお世話になっているシロマさんと打ち合わせ。
 
BMW また何かやっている!
 
東京の自宅のガレージに、戻ってきました。ポルシェの 996 型を2台、それもお揃いのシルバーで、タルガとクーペを持っている人、そうは他に居ないと思います。それも2台共、右ハンドル、オートマです!
 
ところが! 続く。