Tetsu Ikuzawa’s Restaurants Life.

アタシは「美味しいものを食べる」「美味しいワインを飲む」ことが大好きです。

趣味のモーターレーシングで世界中を旅行していたので、世界中の美味しいものを食べ、美味しいワインを飲みました。何も高級レストランで、と、言っているのではありません。パブにだって行きました。

基本的には、行列するお店、何ヶ月も前から予約なんて言うお店には、過去から現在に至るまで、全く行きません。

いずれにせよ、どこの国でもレース場って郊外にあるので、その国々の、本当のローカルな食べ物、ワインを飲み比べすることが出来ていたのかもしれません。

今でも、ミシェラン・ブックに載っている類いのレストラン、1ヶ月前から予約しなければならないレストランなんて、まず行きません。





















レストランではないですけど、こんなのも。「GLENN MILLER 」サウンドを聴きながらのディナー。

日本では、通常このようなコンサートは何とかホールとかでやりますけど、海外ではディナーしながらなんて言うのが多いです。これは日本では非常に珍しいディナーをしながらグレン・ミラー・サウンドを。

知らない人達との一緒のテーブルはイヤなので、友人達を誘って1テーブルを貸し切り!

右から、六本木ヒルズにビルディングがある 「ハリウッド化粧品」その創立者メイ牛山の長男、勝利君。彼とは1966年にパリで、信じられないようなきっかけで出会い、パリやロンドンで一緒に遊んでいます。英国までアタシのレースも見に来ています。

この時代は、1ドル360円、1ポンド1,008円、しかも海外に持ち出せるお金は、たったの500ドルまで。そんな時代に、彼はパリで、なんとフレンチブルーのポルシェ 911 に乗っていました!その後タルガにも。どうやって買うお金を持ち出したのでしょう。

アタシの右手側、牛山の奥さんのマーサ。

フランソワーズ・サガンの 「悲しみよこんにちわ」 を翻訳した朝吹 登水子(新潮文庫 1955年発売)の姪で、福沢 幸雄(つまり福沢諭吉)の親戚にもなる。

「悲しみよこんにちわ」 は1957年にジーン・セバーグ主演で映画化。

この映画、中等部か高等部の頃にアタシ日比谷映画館かに1人で見に行っている。なつかしー。 このマーサとも1960年代からの知り合い。

真ん中、アタシの奥さん。

その隣、アタシ達の友人の加藤さん。

向かって左から2人目、吉田 泉さん。

通常は広告代理店のサラリーマンなんだけど、大のモータースポーツ・マニア。

毎年、会社を休んでは、ドイツ、ニュルブルクリンクの24時間レースにポルシェで出ているくらいの本格的マニア! 彼とは10年くらい前に、ニュルブルクリンクの24時間レースの時パドックで運命的に出会っている。同じ青山の床屋さん繋がりで出会うことに。 熱烈な 「生沢 徹」 ファン。

ちなみに彼の奥さんの実家の軽井沢の別荘は、アタシんちの別荘の1軒はさんでのご近所さん。ちなみに、その家は元首相、三木 武夫さんち。

ちなみに、アタシんちの軽井沢の別荘の右隣は 「青い山脈」 の石坂 洋次郎さん、左隣は講談社社長の野間さん宅。その野間さんちの隣が三木さんちになる。

一番左は、この日来る筈だった、又は一番来たかった筈の友人が、なんと急なドイツ出張で来られなくなりピンチ・ヒッターで来た広告代理店の川崎さん。(グレン・ミラーを全く知らない世代)

アタシは、人との出会い、縁、繋がりを大事にしています。

Tetsu Ikuzawa’s PC life style.

日本であろうが、海外であろうが、旅行中は3台のノート・パソコンを常時並列で使っています。従って世界中のどこに居ようが、パソコンが壊れてやり取り出来ないと言うことは今まで1度もありません。

プロバイダーは3社と契約していて、ドメインも co.jp, .jp, .com, 等、20程登録していますので、どこのサーバーがトラブルを起こしても、必ずどこかで繋がるようにしています。

ちなみにアタシは、スマート・フォンは、仕事上、使いません。   日本、海外共、携帯電話は、所謂ガラケー。

例えば、これは、ドイツかどこかのホテルで。

これはヨーロッパでの移動中で、車内で編集作業をしていたりします。

London の、自宅のオフィス。

London の、会社のオフィス。

Monaco の自宅のオフィス。

Tokyo の自宅のオフィス。

Atelier のオフィス。

Tetsu Ikuzawa’s mobile phone style.

携帯電話にも拘り、カスタマイズしたりもしています。

ちなみに、アタシの現在の携帯電話。 右、日本用、左、英国用。

Tetsu Ikuzawa’s Racing Life.

最近は、こんなことをしています。

1968年以前に製造されたクルマで競うクラッシック・カー・レース。

ドライバーは勿論、メカニック、ドライバーの友人達、主催側のスタッフ達など参加者全員が、そして観客も、その当時のファッションで来ることを求められています。 とてもオシャレなイベント。

この時のアタシのティームのテーマは 「進駐軍」。

アタシが、なんで「赤いセーター」を着ているのか、分からなければ、Google で「生沢 徹(いくざわ てつ)赤セーター」で検索して。

ポールポジション!

見よ、左フロントタイヤを!


英国の FRP 製の軽いレーシング・エランやレーシング・ジネッタ等に対抗してアタシは重いスティール製ボディー 4座席のポルシェ 911 で、しかもアタシよりも若いドライバー達を相手に、デビュー・レースで、優勝!

グリッド・ガールのオネエさんから優勝の祝福のキスをされる時、  ディープ・キスをしようと試みて、頑なに拒否されているアタシ!

観客の一人が、ペプシ・コーラをくれました。 分かっている!     何故なのか、分からなければ Google で検索して。

Tetsu Ikuzawa features in Porsche’s 70th anniversary exclusive “Porsche Brand Book”.

Tetsu Ikuzawa が、ポルシェ車輌生産開始70周年を祝う「Porsche Brand Book」に取り上げられました。とても豪華な本です。一般には、入手出来ない本です。

ポルシェ本社より、手紙付きで贈ってきました。

東洋人で取り上げられているのは、生沢 徹だけ!

なんと、本の中に、もう1冊、豪華な本が入っている!

生沢 徹は、 6 ページで取り上げられています。

そもそもがこのページはラルフ・ローレンで決まっていたのが、上層部が、それではちっとも面白くないとアタシに急遽変更になっています。

誰かが、ニューヨークまでラルフ・ローレンに謝りに行って、アタシのとこには、ポルシェ本社のマーケティングから、担当者が、直接会って説明したいと、わざわざ日帰りで東京までアタシに会いに来ました。

このインターネットの時代、Eメールで済むのに、さすが世界のトップ・ブランドともなると礼儀作法も違います。